サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

吐き気が強い時は何を考える?病気は?症状別に考えてみよう~嘔気・嘔吐

どうもDrアビです。 今回は症状シリーズ、吐き気が強い時に考えることに関して書いていこうと思います。

 

吐き気の多くは腸炎やストレスなどの胃炎が引き起こしています。

しかし、中には深刻な病気が隠れている場合もあります。

 

病気にはそれぞれ特徴があります。

今回はそんな病気について少し書いていこうと思います。

 

 

毎回書きますが、当然ここに書いたことが全てではありません。

 

自己診断はやめて、気になるときは必ず医療機関を受診するように心がけましょう。

    

 

 

 

吐き気とは

脳の嘔吐中枢がコントロールしている症状です。

お腹のみぞおち付近に不快感があり、嘔吐したくなる症状です。嘔気や悪心、むかつきとも言います。

注意するのは吐き気 ≠ 嘔吐です。吐き気のない嘔吐もありますし、嘔吐しない吐き気もあります。

 

吐き気には種々の原因がありますが、多いのは消化器系と脳中枢系の病気と言われています。

そんな吐き気の原因とその病気を簡単に書いていきます。 

 

原因の分類と病気を考える

吐き気の原因をあげると、大まかに以下のように考えることができます。

消化器疾患

耳鼻科疾患

心臓疾患

脳神経疾患

代謝・内分泌疾患

産科関連

薬物・中毒

精神系

ここからは上記の代表的な疾患に関して書いていきます。

消化器疾患

イレウス・便秘

腸管が何らかの理由があって、そこから先へ消化物・内容物が運ばれて行かない状態です。

物理的に詰まる便秘や腫瘍、腸ねん転などの病気と、機能的に腸管が動かなくなる麻痺、動脈閉塞などの病気があります。

吐き気の他に腹痛などの症状を多く認めます。 

 

急性胃炎

原因の多くは暴飲暴食によって胃粘膜が荒れてしまい、炎症を起こしてしまう事にあります。

ストレスウイルス・寄生虫の他、アレルギーも原因となり得ます。

吐き気の他に胃の痛み吐血も呈することがあります。

  

急性腸炎

食物が古かったり、毒性のあるものだったりすると腸炎を起こす可能性があります。

ノロウイルスや病原性大腸菌O-157などの食中毒が有名です。

激しい腹痛嘔吐が特徴です。

 

耳鼻科疾患

メニエール病

内耳と言われる耳の奥にある器官が原因でおこる病気で、過労ストレスがきっかけになることがあります。

30歳代後半~40歳代の女性に多く発症します。

回転性めまいと言われる特徴的な症状と、耳鳴り・難聴・吐き気の症状があります。

 

乗物酔い

乗物の移動に伴って感じる速度や加速度の変化を、耳の奥の器官である三半規管が感じ取る際に起こる症状です。

原因のすべてはまだ解明されていません。

吐き気の他にめまい頭痛などを訴える場合があります。

 

心臓疾患

狭心症・心筋梗塞

心臓を栄養する冠動脈と呼ばれる血管が狭窄・閉塞することで心臓の機能が低下する病気です。

高血圧や高脂血症、糖尿病などの持病がある方が発症しやすいです。

通常は強い胸痛冷や汗を伴いますが、稀に吐き気のみの場合もあります。

 

f:id:avispax:20190502013722p:plain
 

 

脳神経疾患

脳出血、髄膜炎

これらの疾患は頭蓋内圧と言われる、頭蓋骨の内部の圧を亢進させます。

他には外傷脳腫瘍も頭蓋内圧を上昇させることがあります。

その際の症状は激しい頭痛噴出性の嘔吐が特徴です。

 

代謝・内分泌疾患

糖尿病

高血糖が原因で体内が酸性に傾くことがあります。ケトアシドーシスと呼ばれます。

健康な方でも、突然の1型糖尿病発症時に経験することがあります。

吐き気の他、多尿、腹痛、意識障害などの症状を呈することがあります。

 

産科関連

つわり

妊娠の初期に起こる症状で、強い吐き気胸部不快感があります。

妊娠4ヶ月前後で治まることが多いですが、時折再発したり、出産直前まで続いたりすることがあります。

原因はいまだに解明されていません。 

 

薬物・中毒

薬物

ある種の薬剤は副作用で吐き気をきたすものがあります。

また、血中の薬物濃度が上がりすぎた時(中毒時)に吐き気を呈する場合があります。

 

アルコール

アルコールを飲みすぎてしまった場合、肝臓において産生された物質の影響で吐き気を感じます。

ある種の防御反応と言われています。

 

精神系

ストレス

過労などの強いストレスがあると、自律神経系が乱れる場合があります。

自律神経系の症状の一つに吐き気があります。

その他、倦怠感頭痛、動悸、めまい、不眠など、症状は多岐にわたります。

 

摂食障害

若年層に好発する病気で、歪んだボディイメージが摂食行動に影響を及ぼすことで拒食もしくはその結果の過食を引き起こします。

過度な病態は命に関わることもあります。

症状は吐き気の他、拒食では異常な体重減少無月経、自傷行為、不整脈などがあり、過食では下剤乱用電解質異常、貧血などがあります。

 

まとめ

どうですか?吐き気に関してお話してきました。

吐き気の多くは胃腸炎などで、安静で治まることがほとんどです。

しかし、中には深刻な病気が潜んでいる場合もあります。

 

深刻な病気が潜んでいる場合は、普段と違う違和感を感じる患者さんが多いです。

是非普段からご自身の体調を客観的に見る癖をつけていてくださいね!

 

ではこの辺で。 

何かありましたらいつでも是非コメントください!

それでは、また。 

 

 

胸が痛い時はこんなことを考えます!

 頭が痛い時はこちら!  

僕の自己紹介はこちらからどうぞ!

  

↓↓こちらのランキングには他の医師のブログサイトも多数登録していますよ~

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.