サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

アビスパ福岡 - モンテディオ山形(博多陸) 2019/4/27 - J2第11節

こんにちは、Drアビです。

今日はJ2第11節、前節久々に勝利したアビスパの4月27日の山形戦。

 

J2第11節:アビスパ福岡 vs モンテディオ山形の試合の感想です。

  

 

 

フォーメーション

f:id:avispax:20190430002107p:image

 選手交代

後半10分 輪湖→石原

後半20分 城後→前川

後半38分 ヤン→ミコルタ

結果

 スコア

0-1 敗北

3勝2分6敗 勝点11 得失点(得点)-5(8) 18位(↓)

 得失点

後半45分 南(山)

 イエローカード

前半25分 輪湖(福)

前半34分 篠原(福)

後半19分 石原(福)

 主なスタッツ (福岡 / 横浜)

ボール支配率 48% / 52%

シュート(枠内) 9本(2本) / 17本(5本)

パス(成功率) 307本(66%) / 366本(69%)

  

感想

福岡のフォーメーションは4-2-3-1

1トップはヤン

トップ下は木戸

中盤は両サイドが草民・松田。ボランチに鈴木・城後

バックは4枚で左から輪湖、篠原、三國、實藤

キーパーはセランテス

前回同様中盤の底に城後が入っていますが、今節は鈴木も低い位置のようでした。

また、トップ下には木戸が入っています。

左ハーフには草民です。

 

木戸がトップ下です。パスを散らすタイプではない(と思う)ので、突破力や裏への抜け出しを期待したのでしょうか。

そうするとボランチやサイドハーフでうまく試合を組み立てないといけませんね。

山形はそこまで強いプレッシングをするイメージはないので、どちらかというと堅い守備ブロックに対しての配置でしょうか。

 

  

そして試合開始。

序盤から相手に押される展開が続きます。

想像以上に相手の前線からのプレスが強く、アビスパの形をほとんど出せません。

そして相手はボールを奪うとシンプルに縦への早い攻めを見せ、その攻めに対してアビスパの守りは後手後手になってしまいます。

とくにこちらのサイドの裏をつく相手の攻撃に、守備もついて行くのにいっぱいという印象です。

セランテスのファインセーブがなければ失点してもおかしくない時間が続きます。

そして前半終了。

 

前半はなんとか無失点で切り抜けますが、全くこちらの意図するゲームのできない前半でした。

ハーフタイムでうまく修正できるのでしょうか。個人的には木戸はサイドで、草民を中央で使った方が効果的だと思いましたが。

とうなるのでしょう。

 

そして後半。

少しは繋がりがみられますが、効果的な攻めができない時間帯が続きます。

が、基本は変わりなく山形ペース

セカンドボールなかなか拾えず、チャンスも少ないゲームです。

後半45分に不用意なクロスからカウンターをくらい、相手に得点を許します。

アビスパは相手の堅い守りを最後まで崩せず、試合終了となってしまいました。

 

攻めではいいところは全くありませんでしたね。

前から強いプレスをしてくる相手には対応策がないです。

山形も(たしか)ハイプレスをしてくるチームではないのですが、今節は前からガンガンきていました。

明らかに弱点がばれていますね。

木戸の配置も効果がありませんでした。あそこまでプレスが来るのであれば、木戸はサイドで草民を中央に配置した方がよかったと思います。

そして前線の流動性がないので、パスコースをきってプレスをしたらロングボールに切り替えるしかないのが現状。

 

また、セットプレーのアイデアもなく、得点の匂いがほとんどありません。

相手がショートコーナーを混ぜてきたのと対照的でした。

 

守備でも相手の早い攻めに対応できないシーンが目立ちました。

こちらのゴール前の寄せも甘く、ひやひやの連続でしたね。

こちらのプレスもいまいち連動性が見られませんでした。

疲れているのかな?もう少し動いて攻めて動いて守るサッカーが見たいです。

とりあえず、見ていてフラストレーションの溜まる試合でした。

  

 

 

 

今後に向けて

スタッツでは支配率・パス・シュートいずれも相手を下回っています。

ひたすら山形ペースでした。

ハイプレス対策ができたらいいんでしょうが、その気配が感じ取れません。

CBもガンガン上がってパスコースを増やすような動きや、SHが中央に走りこんでできたスペースを使うような流動性なんかをもう少し増やしてほしいですが、難しいんでしょうね。

 

次はアウェイで金沢戦!前節金沢はアウェイでホームで山口に完勝しています。堅い守備が持ち味で、山口のサッカーを完封しています。アビスパも前線の動きを増やして攻めないと得点のできる気がしません。

フォーメーションは、

    ヤン

木戸 草民 前川 松田

    城後

桑原 篠原 三國 實藤

   セランテス

こんなフォーメーションはどうでしょう。

いずれにせよ、ここが踏ん張りどころ。なんとか攻めの光明が見えればじわじわと上がっていける気がします!

注目ですね!

  

 

それではまた!

 

   

 

前節の愛媛戦レビューはこちらです! 

 アビスパのオフシーズンはどうだったのか?

僕の自己紹介はこちらからどうぞ!

 

何かコメントなどありましたらお気軽にどうぞ!

 

↓↓こちらのランキングには他のサッカーブログサイトも多数登録していますよ~

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.