サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

アビスパ福岡 - 栃木SC(博多陸) 2019/4/3 - J2第7節

こんにちは、Drアビです。

今日はJ2第7節、未だに波に乗れず、ホームで勝ち星のないアビスパの4月3日の栃木戦。

 

J2第7節:アビスパ福岡 vs 栃木SCの試合の感想です。

  

 

 

フォーメーション

f:id:avispax:20190404003252p:image

 選手交代

後半29分 石津→木戸

後半39分 草民→前川

後半45分 ヤン→森本

結果

 スコア

2-1 勝利

2勝1分4負 勝点4 得失点(得点)-3(5) 18位(↑)

 得失点

後半3分 石津(福)

後半6分 實藤(福)

後半25分 西谷和(栃)

 イエローカード

前半11分 西谷優(栃)

前半25分 城後(福)

後半10分 森下(栃)

後半42分 前川(福)

 主なスタッツ (福岡 / 琉球)

ボール支配率 54% / 46%

シュート(枠内) 12本(6本) / 4本(2本)

パス(成功率) 449本(73%) / 352本(65%)

  

感想

福岡のフォーメーションは前節に続き4-1-4-1

1トップはヤン

2列目は城後・草民

中盤は両サイドが松田・石津。ボランチに鈴木

バックは4枚で左から輪湖、三國、篠原、實藤

キーパーはセランテス

フォーメーションは変更なく、2列目に城後を入れる布陣をとっています。

 

城後2列目は中盤のフィジカルコンタクトで後れをとらないことと、裏への抜け出しを期待してでしょうか。

前節のレビューに書いた僕の予想がここだけ当たりました(笑)

そしてその他は変更ありません。

 

今節の見どころは、前節良い所のなかったアビスパの攻撃に、城後を加えることでどう変化がみられるかでしょうか。

ただ、栃木は前線から積極的にプレッシングをするサッカーでなく、堅守・堅攻を目指す硬いチームです。

なのでアビスパはボール保持はある程度できると思いますので、どのように攻略するかですね。

今節栃木には大黒がいません。若い三國がベテランの大黒にやられるかもしれないと思っていたので、これは朗報でした。

ただ、個人的にいやな印象のある対戦相手の3バックですが、どう崩していくのか、注目していました。

 

序盤からアビスパのペースで試合は続きます。

相手のプレスがそこまで強くないので、CBと中盤がある程度パスが繋げました。

そしてSBも比較的高い位置でプレイで来ていたと思います。

うまい具合にボール運びは出来ていましたが、なかなか最後の精度を欠いて決定的な場面は見られませんでした。

セットプレイも多いわりに、いまいち得点の匂いがしません。

これは注意しないとホーム開幕の長崎戦の二の舞になるか、と思っていましたが。

 

後半開始直後にこの男がやってくれました!

後半3分石津が自らのドリブル突破でもらったPKをきっちりと決め、待望の先制点を奪います!

そしてその喜びの最中、後半6分にはCKのこぼれ球を草民がミドルレンジから低い弾道でシュートし、キーパーがはじいたところを實藤が身体で押し込みます!

後半開始早々に精神的にも優位に立つことができました。

 

そしてそれ以降は落ち着いて組み立てることができたと思います。

セランテスのスーパーセーブもありました。

攻めでは鈴木に加え、城後がかなり低い位置でボールを貰ってゲームを組み立てることで、かなり安定していました。

また、城後は競り合いセカンドボールの回収など、フィジカルを生かして今節は大活躍でしたね!

後半25分にミドルシュートの跳ね返りを西谷和選手に決められて2-1とされますが、その後も比較的落ち着いて守り切りました!

 

 

今節の印象として、前線からのプレッシングが強くない相手には、ファビオさんの目指すサッカーはすごくはまると感じる試合でした。

とくに城後は組み立て+前半は裏への抜け出しもする一方、後半は最後尾までさがってゲームの組み立てをしていました。

フィジカルでもそうそう負けませんし、ファビオの求めるピースは城後だったのかもしれません。

あとは相手がハイプレスを仕掛けてくるときに、どのような対策をたてて攻めるか。

また、今節の得点はいずれもセットプレイからでしたので、ボールを保持してどのように相手を崩すか

こういった点に今後は注目していきたいです。

そしてセランテス

今節でもスーパーセーブをみせました!やはり彼はJリーグの中でもずぬけている存在だと思います。

彼の守備・セービングを計算に入れて守備陣形を再構築すると、より守備を硬くできるかもしれませんね!5年前の航輔みたいに。

次節の希望フォーメーションですが、中3日となります。

ヤン・松田・鈴木・輪湖・實藤らの疲労が気になります。

彼らを休ませる意味でも、

  

 ヤン/森本 木戸

石津 城後 草民 ミコルタ

   ドゥジェ

 吉本 篠原 三國 

    セランテス

 

 こんな感じはどうでしょう?CB(篠原・三國)の負担は強いですが。 

 まあ、せっかく今節勝利できたので、メンバーを変えない方がいいかもしれませんが。

 

 

今後に向けて

スタッツを見ると支配率・パス・シュートいずれも相手を上回っています。

もう少しパス本数をしっかりと増やして相手を疲れさせるような攻めが見れると、後半もっと押し込めるかもしれませんね。

ただ、今節は勝ちました!引き続き喜びに浸っていきます(笑)

 

次戦はアウェイの横浜FC戦!今節の愛媛戦はターンオーバーかイバレアンドロはスタメンでなく途中出場でした。しかし、途中出場するときっちり勝ちにつなげています。おそらく次節はスタメンで出てくるでしょうから、しっかりと守備の対応をするのか、もしくはボールキープを高めて彼らに攻めさせないようにするのか。

ファビオさんの戦術も気になりますね!

 注目です!

 

 

それではまた!

 

 

 

最下位脱出ー!!

   

 

前節の千葉戦レビューはこうでした! 
アビスパのオフシーズンはどうだったのか?

僕の自己紹介はこちらからどうぞ!

 

何かコメントなどありましたらお気軽にどうぞ!

 

↓↓こちらのランキングには他のサッカーブログサイトも多数登録していますよ~

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.