サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

アビスパ福岡 - ジェフユナイテッド千葉(博多陸) 2019/3/30 - J2第6節

こんにちは、Drアビです。

今日はJ2第6節、前節ようやく初勝利をあげたアビスパの3月30日の千葉戦。

 

J2第6節:アビスパ福岡 vs ジェフユナイテッド千葉の試合の感想です。

  

 

 

フォーメーション

f:id:avispax:20190324023122p:plain



 選手交代

後半16分 石津→ミコルタ

後半27分 前川→石原

後半33分 田邉→城後

結果

 スコア

0-1 敗北

1勝1分4負 勝点4 得失点(得点)-4(3) 22位(↓)

 得失点

後半35分 茶島(千)

 イエローカード

前半40分 松田(福)

後半34分 輪湖(福)

 主なスタッツ (福岡 / 琉球)

ボール支配率 47% / 53%

シュート(枠内) 5本(1本) / 15本(5本)

パス(成功率) 468本(77%) / 550本(76%)

  

感想

福岡のフォーメーションは前節に続き4-1-4-1

1トップは石津

トップ下は草民・前川

中盤は両サイドが松田・石津。ボランチに鈴木

バックは4枚で左から輪湖、篠原、三國、實藤

キーパーはセランテス

初勝利をあげた前回と同じメンバーとなります。

 

1トップは2試合連続ゴール中のヤン。3試合連続となるか。

相手はハイライン・ハイプレスサッカーの千葉です。そんな千葉相手にアビスパがうまくDFからつなげるかどうか。

正直、今のアビスパは相性が悪い相手かもしれません。

ただ千葉も監督変更しましたので、そのあたりがどうですか。

注目です。

 

 

開始後は静かな立ち上がりとなりました。

両チームともハイプレス、というわけではなく、慎重に試合に入った印象です。

それでも攻めはまだ時折いい場面もみられました。特にダイレクトで2本、3本と繋げた時はあいての守備も後手になりますし、いい形も少しあったと思います。

両サイドが少し下がっての繋ぎも見えましたし、若干改善されつつあるかな、と思っていました。

ただやや中盤のプレスがやや甘く、攻められているときは相手がのびのびと繋いでいる印象でした。

球際、とくにゴール前ではもう少し寄せないと危ないなと思います。

徐々に相手のプレスが強くなってきましたが、前半はまだ攻める場面もあったと思います。

 

ハーフタイムでは、ファビオがどのような指示をだしているのかいつも気にしていましたが、最近はあまりハーフタイムで大きく指示を変えていないのかなと思うようになりました。

前後半で戦い方が変わったことがあまりありませんし。

もしくは、負けてないのでこのまま、ということかもしれません。

 

そして後半。相手のハイライン・ハイプレスが徐々に強まります。

そしてそれに伴い、アビスパのミスによるボールロストが増えました。

前半からそうだったんですが、惇へのプレスが強くなると厳しそうです。

また、前川や草民が時折下がっては繋ごうと試みているのですが、出し先をつぶされたりパスミスでピンチに陥ってしまいます。

もう少し中盤全体で繋ぐプレーがあれば、と思いますが。

(攻め急ぎ、ではないと思いますが、あまりにも余裕なく前に前に繋いでいるように見えてしまいます)

中盤のプレスもやはり緩く、相手は悠々と繋いでいるように見えてしまいますよね。

そして後半35分。輪湖のファールでゴール前のFKを与え、それを茶島選手に直接決められてしまいます。

直前にちょうど同じ位置からのFKを左利きの選手が蹴っていたので、セランテスも反応が遅れてしまった様子でした。

それにしてもマイボールのロストの仕方が悪いですね。

みててフラストレーションがたまる試合です。

 

全体の印象ですが、今節は特に相手のハイプレスが強くなった後半の出来がいまいちでした。

相手のラインの裏を突く選手そこへのパスがもう少し効果的に入るといいいと思うんですが、いかんせんパスも少ないし、選手もそこに要求する回数が少なく感じます。

足元-足元では明らかに狙われていました

繋ぎのサッカーの中にも裏への効果的なパスが1本でも通ると、相手の対応が少し変わってくると思うんですが。

 

選手の印象としてはヤンは頼りになりますね。足元も上手いです。

ただ、裏に抜けて、とういう選手ではなさそうなので、中盤もしくは2トップの相方として裏へ抜け出す選手がいたら、攻めのバリエーションが増えて相手のプレスも弱くなると思うんですが。

今は足元が多いので、相手のプレスに迷いがないように思えてしまいます。

 

あと、今節は石津はサイドに開いていることが多いように感じました。

監督の指示なのか石津の判断なのか分かりませんが、大きく一人開いていることで中盤のスペースが増えますので、その動き自体は悪くないと思います。

あとはそのスペースをうまくチームで共有しながら攻めていければいいかなと思います。

 

守りでは中盤の守り方自軍ゴール前の寄せあと一歩を改善してほしいです。

 

次節以降は攻めのバリエーションに裏へのパスを増やせればいいですね。

トップ下2人のうち、ひとりは足元ではなくて裏でパスをうける動きを増やしたり。

守りでは中盤のプレスをもう少しきつくしてほしい所です。

次節の希望フォーメーションですが、

    ヤン

松田 前川 城後 ミコルタ

   ドゥジェ

輪湖 篠原 三國 實藤

    セランテス

これでどうでしょう。

トップ下城後という禁断の策。笑

輪湖は石津より松田との連携の方がいい気もします。

そしてミコルタはスタメンで一度見てみたいですね。

中盤の寄せを強くするために1ボランチでドゥジェ。

こんなメンツも見てみたいです。 

 

 

今後に向けて

スタッツを見ると支配率・パス・シュートいずれも千葉より下回っています。

自軍から繋ぐ過程でミスが多すぎます。

当然攻められないのでシュートも打てない。

応援していてむなしさを感じたのは僕だけではないはず。

まあ、今節の千葉戦は今のアビスパが苦手であろう戦術ですので、次回対戦時までにしっかりと対策を立てていてほしいです。

 

次戦もホームで栃木戦!栃木は現在2勝2分です。堅い守備堅実なパス繋ぎで攻めるチームな印象です。トップの大黒選手も嫌な選手ですよね。若い三國には踏ん張ってほしいです。守備は3バックですが、守るときはサイドが引く場合5バックのような守備になると思います。第3節で京都の5バックに何もできなかったアビスパですので、足元のパスだけでなくて裏を突いたパスをうまく利用してほしいです。 

 

次節は水曜日。今節から間もないですが、コンディション調節をうまくして臨んでほしいです。

 

 

それではまた!

 

あー勝てんなぁ。

   

 

前節の新潟戦レビューはこうでした! 

  アビスパのオフシーズンはどうだったのか?

僕の自己紹介はこちらからどうぞ!

 

何かコメントなどありましたらお気軽にどうぞ!

 

↓↓こちらのランキングには他のサッカーブログサイトも多数登録していますよ~

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.