サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

アルビレックス新潟 - アビスパ福岡(デンカS) 2019/3/23 - J2第5節

こんにちは、Drアビです。

今日はJ2第5節、前節最下位に転落してしまったアビスパの3月23日の新潟戦。

 

J2第5節:アルビレックス新潟 vs アビスパ福岡の試合の感想です。

  

 

 

フォーメーション

f:id:avispax:20190324023122p:image

 選手交代

後半20分 前川→ミコルタ

後半33分 鈴木→城後

後半47分 石津→木戸

結果

 スコア

0-1 勝利

1勝1分3負 勝点4 得失点(得点)-3(3) 20位(↑)

 得失点

後半39分 ヤン(福)

 イエローカード

前半36分 大武(新)

 主なスタッツ (福岡 / 琉球)

ボール支配率 46% / 54%

シュート(枠内) 17本(3本) / 17本(3本)

パス(成功率) 430本(79%) / 521本(83%)

  

感想

福岡のフォーメーションは前節に続き4-1-4-1

本日の1トップは前回同様ヤン

トップ下は草民・前川

中盤は両サイドが松田・石津。ボランチに鈴木

バックは4枚で左から輪湖、篠原、三國、實藤

キーパーはセランテス

前回と同じフォーメーションとなっています。

 

1トップは引き続きヤンとなっています。

中盤のメンツは大きく変わらず。

バックは三國が復帰して篠原とCBを組んでます。

そしてSBは輪湖・實藤。バック陣は今のところこのメンツがいいのではないかと思っていますが、CBのビルドアップにやや不安が残りますね。

 

今節の見どころは、1トップのヤンを絡めた攻撃の組み立てと、CB陣です。

対する新潟の安定した守備陣をどう崩すか、そして強力なオフェンス陣をどう抑えるかですね。

相手との戦術上、ボールはある程度保持できると思いますが、その上でどう戦うか注目していました。

 

序盤はある程度こちらのペースで繋げていました。予想通り、相手がそこまで前からプレスをかけてこなかったので、前線までしっかり繋げていました。

おしいチャンスもいくつかありましたね。

ただ、ひとつ気になったのは、連動した攻めがあまり見られなかったような気がします。

ダイレクトプレイや3人目の動きなんかを絡めると、さらに期待がもてるんじゃないかと思っていました。

 

ハーフタイムの間ですが、個人的にはある程度は繋げていたので、このままいけば点も入るんじゃないかなと楽観的に考えていました。

点とるなら誰かな?なんて考えていたんですが。

 

ところが、後半から少し様相が変わりました。相手のプレスがじわじわと前からくるようになりました

相変わらずアビスパは、こちらのサイド・ボランチをケアしながらの前線からのプレスには弱いと思います。

できたら2列目・サイドバックが下がっての組み立て、もしくは相手サイドの裏へのボールなんかを効果的に使えるといいんじゃないかと思いながら見てたんですが、難しいんでしょうか。

そして相手の攻め方自体も若干変わってきたような気がします。こちらの1ボランチの惇の横のスペースをうまく使って攻めてきました。

どうしてもその場合、守備が後手になってしまっていました。

さらにこちらの運動量低下とともに守備・攻めともにちぐはぐになっていき、祈るように観ていました。

が、それでも後半39分。CKからヤンが均衡を破る、値千金のヘッドを決めてくれます!

それまでいまいちキレのなかった石津から、相手GKの手前に落ちるボールをしっかりとヤンが頭でとらえ、二試合連続ゴールを決めました!

そしてその後はしっかりと守って試合終了。

今シーズン初勝利をあげることができました!長かったですねー!

よかったよかった!!

 

今節の全体的な印象としては、攻めではうまくバックから中盤へと繋がっていい形でサイドもしくはトップ下にボールが入った時はいいですが、いかんせんボールロストやパスミスが多い気がします。

また、相手が前からアグレッシブにプレスをかけてくる場合の選択肢をもう少し増やさないと安心して見れないですね。

守備ではDF同士の距離感がいまひとつかなという印象。相手FWがバックの間で簡単にパスをもらうシーンが少し見受けられた気がします。

前線からのプレスに関しても、やや連携がいまいちでした。

ガツガツプレスにいくのであれば、中盤~バックもしっかりと当たらないと逆につながれてピンチになりますし。

そして中盤に関してはもう少しお互いの距離を短くして、ダイレクトプレーをまぜつつ繋いで良ければもっといい形で攻めれるんじゃないかと思いました。

 

今節を踏まえて、次節の希望フォーメーションは4-2-3-1で、

    ヤン

 松田 前川 ミコルタ

  鈴木 ドゥジェ

輪湖 篠原 三國 實藤

    セランテス

 こんな感じはどうでしょう?おそらく次節はドゥジェが戻ってくるでしょうから、今節相手につかれた1ボランチの横のスペースを補えればとおもいます。また、ミコルタ少し見れましたが、キープもできるし先発でサイドで使ってみてもいいんじゃないかと思います。トップ下は草民か前川ですが、キレと勢いで前川を推してみます。 

 

 

今後に向けて

スタッツを見ると支配率・パスは相手を上回っています。前半ある程度繋げていましたし、あとは後半も安定したパス繋ぎができるとさらに上向いてくるはずだと思います。

あとは枠内シュートをふやしたいですよね。

また、後半少しバテ気味に見受けられたので、なるべく繋げるとこはしっかり繋いで、むしろ相手を消耗させることができれば、試合を通じて優位に立てるんじゃないかと思います。

 

次戦はホームで千葉戦!千葉は突然の監督の解任劇を乗り越えて、今節は京都との一戦を1点ビハインドの状況から引き分けに持ち込んでいます。じっくりとプレイは観ていないんですが、ハイプレス繋ぐサッカーは大きく変わらないのではないかと思います。次節こそ、サイドの裏を突くような攻めを見たいですね!

そして為田選手もいます。彼のテクニックは要注意ですね!

次節も勝って、連勝といきたいところです!

 

 

それではまた。

 

 

 

てかペッキオトラップ上手すぎ。

 

 

 

前節の岡山戦レビューはこうでした!  

 アビスパのオフシーズンはどうだったのか?

僕の自己紹介はこちらからどうぞ!

 

何かコメントなどありましたらお気軽にどうぞ!

  

↓↓こちらのランキングには他のサッカーブログサイトも多数登録していますよ~

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.