サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

今週のお題 - インターネットと塩みがき -

こんにちはDrアビです。今週のお題「私の歯みがき」について。

書いてみますね。

 

 

 

インターネットと塩みがき

 

小さいころ、歯みがきがあまり好きではなかった。

母は僕に、塩を歯ブラシにのせて磨かせていたのだ。未だに塩のざらざらした感触としょっぱい味、そして少し歯にしみる痛みを覚えている。

物心のついた幼稚園~小学校低学年くらいまでは塩を使っていたと思う。

僕はそれが普通だと思っていた。あまり歯みがき粉について友達と話す機会はなかったからた。(もしくは僕が覚えてないだけかもしれないが)

 

何故子供の歯みがきに塩を使っていたのかは定かではない。

子供用歯みがき粉が店になかった時代なのか、子供の歯には塩がいいとどこかで聞いてきたのかは不明である。

今となってはどちらでもいい。母を問いただすような事でもなければ、正直興味はない。

おそらく、ブログのお題でもなければ思い出すことはなかったであろう事柄である。

ただ当時の僕は、子供は歯を塩で磨かなければならない、大人になったらとても苦い「歯みがき粉」を使うのだと、信じて疑わなかった。

 

そんな僕だったから、初めて子供用の味のついた歯みがき粉を使った時は衝撃だった。

いや、衝撃というよりも、心配になった。こんなにおいしい歯みがき粉、歯みがきしている間に食べてしまいそうだ。

僕は食べない。僕は、もう小学生だ。問題は妹だ。妹は幼稚園だし、ついつい食べてしまうんじゃないか?

お腹が痛くなるんじゃないだろうか。まだ体も小さいし、食べないように見ててやらないといけないじゃないか。

 

そんなことを考えながら歯みがきをした。今となっては良い思い出のひとつだ。

 

いつからか歯みがきの間、妹についてやることもなくなった。大人が使う歯みがき粉を使い出した。

ただ、歯の磨き方だけは母に教えてもらった方法をずっと行っている。懐かしいな。

 

こんなふうに歯みがき粉ひとつとってもいろんな思い出を振り返ることができる。

でも、幼いころの僕のように、歯みがき粉ひとつに対していろいろと考えることはしなくなったようだ。

買うのは特売で安くなった歯みがき粉がほとんどである。効果はたいして違わないだろうと思っているし、味は何でもいい。

大人になるという事はこういう事なんだろう。そんな感じがする。

少し寂しい気もするが。

 

先ほどネットを調べてみた。塩磨きという方法を推奨しているサイトもあった。

ただ、基本的にあまり推奨できるやり方ではないようだ。通常の歯みがき粉を使うのが、歯には一番良いようだ。

現代は何でもネット一発で検索できる。僕もそのやり方に慣れてしまっている。

だが真実を知った今、昔の母の考えも否定してしまったようで、罪悪感が残ってしまった。思い出は思い出のまま、がいいのかもしれない。

ネットで簡単に物事を調べることができるようになった分、真実を知ってしまった後のことも考えないといけない時代になったのかな。

 

塩で歯をみがくのと、どちらがいいのだろうか。

 

 

 

おしまい。

 

 

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic

 

前回のお題は「未来予想図」でした。現実主義の未来とは?

こちらは人気の医療ネタ記事です!

 僕の自己紹介はこちらからどうぞ。 

 

↓↓こちらのランキングには他のブログサイトも多数登録していますよ~

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.