サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

アビスパ福岡 - V・ファーレン長崎(博多陸) 2019/3/2 - J2第2節 ホーム開幕戦!

こんにちは、Drアビです。

今日はJ2第2節、ホーム開幕戦となった3月2日の長崎戦。

 J2第2節:アビスパ福岡 vs V・ファーレン長崎の試合の感想です。

 

 

フォーメーション

f:id:avispax:20190304022234p:image

 選手交代

後半14分 城後→石原

後半24分 鈴木→前川

後半41分 石津→森本

結果

 スコア

0-0 引き分け

 得失点

なし

 イエローカード

前半12分 篠原(福)

前半15分 ドウジェ(福)

後半48分 石原(福)

 主なスタッツ (福岡 / 琉球)

ボール支配率 58% / 42%

シュート(枠内) 21本(2本) / 11本(2本)

パス(成功率) 637本(81%) / 382本(70%)

 

 

感想

ホーム開幕戦。福岡のフォーメーションは4-2-3-1

1トップは城後は前節同様。

トップ下の位置には本日は草民

中盤は両サイドが石津・松田。ボランチに鈴木・ドゥジェ

バックは4枚で左から輪湖、三國、篠原、實藤

キーパーはセランテス

 

前節トップ下の位置の石津をサイドにおいて、展開力とボールキープのある草民をトップ下に変更。そしてボランチは鈴木とドウジェのコンビ。

 

バックは右サイドに前節CBだった實藤を配置して、CBは篠原と三國のコンビでした。

見どころはトップ下の草民ボランチのドウジェ。また、ルーキーの三國の出来に注目していました。

 

試合は序盤からアビスパが試合の主導権を握ります

バックの位置からボランチ・サイドハーフを経由して徐々に相手ゴールに迫るようなパス繋ぎで攻めます。石津が左サイドにいることで、前節よりも左サイドを起点とするプレーが増えた印象です。

ただ、石津は中央にポジションを移したり、比較的自由に動いていました。

 

また、ドゥジェが時折みせる大きなサイドチェンジも効果的でした。ドゥジェはロングパス上手になったのかな?視野の広さは1年目から注目していましたが、この試合に関してはサイドチェンジが今までよりも効果的に通っていました。

 

そしておそらくファビオアビスパの肝となるのが、サイドバックがかなり高い位置をキープして、相手を全体的に押し込んでいくような攻めです。輪湖は言わずもがな、實藤のあがりも効果的でした。その分、サイドハーフが内に絞ってパスコースを増やすと共に、相手を押し込んでいました。

城後に関してはもう少しターゲットとなる動きがあってもよかったかなという印象です。おしいシュートもありました。もうちょっとでしたね。

 

 

とにかく、前半は比較的押し込んでいた印象がありますが、最後のパスやシュートの精度を欠いていました。三國のコーナーからのシュートもおしかったですね。

あとオフェンス陣が一皮むければ波にのれそうです。

 

そして後半。相手の前線からのプレスが連動してきたように感じました。どうしてもサイドバックを押し上げ攻めようとしているので、ボランチへのプレスが厳しくなるとパスコースが限定されているんでしょうか。

この場合はサイドバック・サイドハーフが少し下がってしばらくボールを回す時間を増やしても良かったのかもしれませんね。

 

また、城後にターゲットとしてポストに入ってもらってボールキープできれば、もう少し押し込めたのかもしれません。

 

そして相手のプレッシャーがかかることでバックからの繋ぎもミスが増えてきました。とくに三國は判断・読み・パスの正確性をもう少し上げないと危なっかしく感じます。ただ、当然伸びしろは抜群。もうちょっと我慢強くみていてあげたいです。

(パスの正確性に関してはバックだけてなく、中盤もパススピードもあげていきたいですね。)

 

 

後半はボールの奪われ方も悪く、ひやひやするカウンターも多くありました。

お互いの決定力の低さに助けられたような試合でした。

 

 

全体的な印象としては、前節から石津のポジションを左サイドに移すことで、うまく攻めの起点を増やし、攻撃に厚みをもたせることができた印象です。右SBに實藤をおいたことで、こちらも高い位置のパス交換でうまく機能していたと思います。

 

あとは後半の相手のプレスが強くなってきた時にロングボールを混ぜるのか、ボール回しのためにポジションを下げる選手を決めるか、場面場面でのチームの方向性をもう少し詰めていく必要があると感じました。

 

見ていてワクワク感はあります。前節に続き、今後に期待です! 

 

 

 今後に向けて

支配率・パス・シュートは相手を上回っています。パスの本数・成功率も前節から上昇。さらに上げていきたいです。

ただ、シュート21本に対し、枠内2本は少なすぎます。相手にブロックされたシュートも多く、シュートやクロスのタイミングを少し変えた攻めもみたいですね。

 

また、カウンターでやられないように、迂闊な横パスを減らしたり、攻めをシュートを終わる意識、相手にボールを取られた時のファーストDFやリスク管理をうまくしていってほしいです。

 

 

次戦もホームで京都戦!FWの宮吉選手は今節2点にからむ活躍で要注意。ただ、冨田選手がレッドカードを受けていますので、そのあたりのポジションをどう変えてくるかでしょうか。

 

また、アビスパはスタメンをどういじるのか。ミコルタは出場できるコンディションなのか?動きのやや重い印象で得点のなかった1トップはいじってくるのかどうか。

注目です! 

 

 

僕のアビスパ開幕戦レビューはこうでした! 

 アビスパのオフシーズンはどうだったのか?

僕の自己紹介はこちらからどうぞ!

何かコメントなどありましたらお気軽にどうぞ!

  

 

↓↓こちらのランキングには他のサッカーブログサイトも多数登録していますよ~

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.