サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

今週のお題 - リアリストの妄想 -

今週のお題「私の未来予想図」

 どうも、Drアビです。またまた今週のお題を書いてみようと思います。

前回のお題は「雪」でしたね。

 

 

リアリストの妄想

 

 未来予想図-。

ドリカムの曲でもあったこの単語。確かあなたとの未来予想図、という使われ方だったと思う。

すごくきれいな歌詞で、自称現実主義者の僕でも、聞いていて不覚にも涙が出そうになる、とても良い歌だ。

とくに心に残る歌詞は「アイシテルのサイン」だろう。当時僕が通っていた学校で流行ったのは言うまでもなく、今考えても恥ずかしくて捨ててしまいたい思い出がたくさんある。

こんな流行を作ってしまう歌詞を思いつくなんて、やはり吉田さんはすごいと思うし、天才だ。凡人で現実主義の僕なんかは思いもつかないし、きっと一生かかっても真似できない。

 

では、僕の場合はどうだろう。僕の描く未来予想図はどうなのだろう。

そのためには今の立ち位置と仕事、満足度などを客観的に見る必要がある。何せ僕は現実主義者なのだ。

 

今僕は外科医として働いている。一般的な病院で、一般的な手術をして、一般的な給料をもらっている。時々学会で発表をしたり、論文を書いたりもしている。

今の環境に不満がないわけではないが、それなりに満足のできる仕事はさせてもらっていると思う。

だが、このままずっとここで働いていくのかと問われれば、分からない。

いろんな手術を経験するために、他の病院で働いてみたくもあるし、海外で外科医として自分の腕一本で勝負をしてみたい衝動にも駆られる。または、さらにスペシャリティを磨くためにもっと一つの分野を突き詰めてみようか。

当然、そうなれば準備は必要だろう。

他の病院で働くといっても、いったい何年間、どこの病院で働くのか。海外とはアメリカなのかヨーロッパなのか、もしくはアジアなのか。そのための貯金や、海外は医師免許が通用するところなのか。僕が突き詰めたい分野は、今決めるのかそれとも1年後に決めるのか。

 

未来は想像だけしても実現しないということは現実主義の僕は感覚的に理解している。

だから未来を予想する時には、こんなふうにそこへと続く道を考えてしまう。未来予想は僕にとってはそこまでの道も考えなくてはならない大変な作業なのである。

 

それはなにも今始まったことではなく、今までもそうだった。その過程で捨ててきた過去の未来もたくさんある。

今の僕が立っているこの場所も昔描いていた未来のうちの一つなのだ。そして、そのために準備や決断をしてきたからこそ、ここに立てている。

小学生の頃に塾に行きだした時。

高校で医学部を受験しようと決めた時。

大学時代に研修病院を決めた時。

研修医が終わるころに外科医になろうと決めた時。

その時の全ての決断が繋がって今の僕となっている。僕からすれば、未来予想図は単なる道すべであり、夢のような話ではない。

 

まったく、現実主義者の話は面白くない。面白くないブログで申し訳ないと思う。

 

だが待てよ。遠い未来を考えてみよう。

僕が70歳になった時には、いったい何をするんだろう。何をしているんだろう。

おそらくその頃には子供が独り立ちをしているだろう。ひょっとすると孫もいるかもしれない。孫は5人くらいいれば賑やかで楽しい。

医者としてまだ働いているのだろうか。いや、すでに隠居してどこかの島なんかでのんびりしているのかもしれない。

そして正月には子供が孫をつれて帰郷してくるのだ。孫たちは久しぶりに会った従妹に興奮して、家や庭を走り回っている。僕は酒を飲みながら孫たちを眺める。

僕の子供もおそらく酒が好きだろう。そして一緒に飲んで焼酎の瓶を2-3本空ける。子供は飲みすぎて奥さんに怒られている。僕は酔っぱらいながら、子供が怒られているのも楽しそうに見ている-。

 

 

うん、悪くない。こういった未来は好きだ。こういった未来予想図はいい。

じゃあまず一軒家が建てれる島をさがそう。あまり何もない島だと日用品や食料品の買い出しが大変だから、それなりに店がある島がベストだ。ただ、住む場所は少し街中から外れたところがいい。

でも猪なんかが出たら危険だから、そういうところもチェックしないといけないな。

おっと、島暮らしをするなら、泳げない僕はスイミングスクールに通った方がいいかもしれない。どれくらい泳げれば島生活を楽しめるくらいになるのだろう。週何回スクールに通おうか。

 

やれやれ、やはり僕は現実主義者だ。自分でも面白くない。 

ドリカムの吉田さんを悪く言うわけではないが、きっと未来予想図という言葉がいけない。こんなきれいな言葉だと未来を叶えたくなってしまうし、だからその道すべを考えてしまうのだろう。

僕なんかには「未来妄想図」なんかの言葉で十分だ。そうすれば道のりなんかをちまちま考えなくてすむ。

 

うん、楽しそうな未来が妄想できる。

豪邸に住んで大きなテレビを見ながら毎日シャンパンを開ける。庭には大きなプールがあり、何もしなくても専属コックが美味しい料理を運んできてくれる。

月のうち半分は海外の別荘で生活する。そこには海外のセレブも招待して、みんなで踊ったりバーベキューをしたり。

なんて楽しいんだろう。

 

だが、一つ問題がある。どうやら僕が描く未来妄想図は、思ったとおりに叶えられそうにない。

 

 

おしまい。

 

]POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン[] #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA

何かありましたらお気軽にコメントまでどうぞ!

 

前回のお題は「雪」でした。馴染みのない環境ってどうですか?

こちらは人気の医療ネタ記事です!

僕の自己紹介はこちらからご覧いただけます。

 

↓↓こちらのランキングには他のブログサイトも多数登録していますよ~

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.