サッカーと焼酎と外科医と。

サッカーと焼酎と音楽が大好きな外科医です

サッカーと焼酎と外科医と。

医師として致命的?

Drアビです。今日は少しだけ。

ちょっとした医療ネタ、というか自分のことについてです。

 

 

 

 

自己紹介などでも書いてある通り、僕は外科医として働いています。

 

個人的に医師の仕事は自分に向いている方だと思います。患者さんと話をするのも楽しいですし、助けを必要としている人がいて、自分がその助けになれるというのは、僕自分にとってとても大きいし、光栄なことです。

 

また、学生時代は家庭教師のバイトをしていましたが、人に話す・教えるという行為も好きでした。なので、患者さんやご家族への説明なんかも理解してくれるまで何時間話をしても、全然平気です。

病院待機なんかで時間をとられるのもそこまで苦ではありません。

 

そんな僕ですが、一つこれは医師として致命的なんじゃないかと思ってしまうことがあります。

それは、人の顔を覚えるのが苦手!

ということです!

 

 

 

入院患者さんや外来で定期フォローしている患者さんは、何とか(ぎりぎり)大丈夫です。

ただ、たまに街中や他の診療科受診のため来院された方なんかに「あー先生!お久しぶりです!」なんて声をかけられるともう大変。

頭の中フル回転でその人を思い出そうとしますが、その場ではまず出てきません

 

患者さんが「〇〇の病気で×年前に入院していた△△です」と言ってくれる時は「助かったー!」って内心ガッツポーズをしているんですが、そうでない場合はもう汗だくです。

 

「おお!調子はどんな感じですかー?」なんて聞いてうまくやり過ごしているんですが(やりすごせてないか)、お名前が出てこない時なんかは家に帰ってももやもやがずーっと残ったままです。

 

それで数日後にカンファレンス(ミーティングのようなもの)中に思い出して、「ああ!」なんて声が出て皆ににらまれたりしています。

 

思えば若いころからドラマやバラエティに出てくる俳優さんやアイドルの顔を覚えるのが苦手だった僕は、覚えやすかったり、印象の強い人なんかが好きでした。

それ以外の人たちは「それ以外の人たち」としてしか頭の中に残ってなかったです。

 

それは仕事を始めても変わらず。

 

看護師さんの名前を間違えて、看護師さんからだけではなく上司からも注意されたもんです。(最初だけですよ!)

 

ずっと患者さんの名前を憶えていて、病院等でたまたま会った方の顔をみて「あー〇年前の××さん!元気ですか!?」なんて話している同僚が羨ましくてしょうがありません。

患者さんもすごくうれしそうですし。

 

何かいい方法ないかな?

実はそんなことでちまちま悩んでる外科医でした。 

 

 

今回はこの辺で。

さあ今日はアビスパの開幕戦だ!!

 

 

アビスパの開幕戦の結果はこうでした!

こんな外科医の、外科系診療科のイメージってこうなんです!僕の自己紹介はこちらからどうぞ。

  

コメントなどお気軽にどうぞ! 

 

↓↓こちらのランキングには他の医師のブログサイトも多数登録していますよ~

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ


サッカーと焼酎と外科医と。
お問い合わせ  プライバシーポリシー

© 2019 サッカーと焼酎と外科医と。 All rights reserved.